電脳遊戯のメモ帳.txt.exe

いろんなゲームの初心者向け解説、導入手順や備忘録。

【魔界ウォーズ】キャラランク考察 闇

最終更新:11/17 世界を喰らう者 フィーヌ追加。

■更新箇所

・評価基準をアリーナ最下層オート周回その他(究極魔王、チャレンジダンジョン等)から来る総合評価に。

・それに伴い、このキャラはどのコンテンツで強いのか表記。考察、ランクを改修。

 

前置き

・数値等は載せてないのでゲーム内図鑑等と併読を推奨。

・評価はアリーナ転生/魔装/装備最下層のオート適正その他(究極魔王の城、チャレンジダンジョン等)から来る総合評価

・同ランク内でも並び順で上に居るほど評価が高い。

・特殊な状況で強い場合はその都度記載。

名前赤文字限定ガチャ産。

Tier1

★4 暴君 ヴァルバトーゼ

f:id:lycoris_radiata:20190716152917p:plain

アリーナ:★★★★★

オート:★★★★★

その他:★★★

高速高耐久アタッカー

非情に高いSpdと攻守共に恵まれたパッシブからの速攻殲滅を単独で完遂出来、P3:畏怖の象徴による食いしばり、P1:最凶の吸血鬼の撃破時HP全回復でオート時の事故にも非常に強い。

P3:畏怖の象徴のもう一つの効果で残HPと同じ割合で攻撃力が上昇するので相手の最初の一撃よりも早く動ける否かがかなり重要。元々高いSpdだがてんこ盛りにしておきたい。

P2:絶対の信頼による味方Spd強化の存在もあり、味方の速度を底上げしながら充分すぎる火力、絶対に一撃死しない耐久でアリーナの重要キャラの一角を担っている。 

究極魔王の城や超高難易度クエストでは先手が取りづらかったり、そもそも敵が少数やボスしか居なかったりでどうしても死にパッシブが増えてしまう関係上、そこそこ強い食いしばり持ちアタッカー止まりになってしまう。それでも大半のアタッカー涙目な性能は保持しているのだが。

 

★4 邪悪なる暴勇の魔王 マオ

f:id:lycoris_radiata:20190716153024p:plain

アリーナ:★★★★

オート:★★★★★

その他:★★★★

バッファー/バフメタ

闇チケット引き直し10連ガチャ限定(PU時のみ通常ガチャで排出される)。

10/31に大きく強化され、チュートリアルの改訂とともに引き直しガチャから排出されるようになった。新規はよほどのことがない限りこのキャラで始めるととても良い。

S2:輝け!閃光抹殺ビームS3:邪叡 ヴァサ・アエグルン共に状態異常はそこそこ強力だが★4にしては特別秀でた性能ではないので割愛する。

P1:ウィークサーチャーHP75%以上というそれなりに緩い条件で味方全体のCri%がとCriDmgが50%増加する。もちろん自分も含まれる上に、後述のパッシブで与えたダメージ依存のシールドも張れるので、Spdは高めに用意しておきたい。

P2:魔王の生体実験もターン終了時に敵のバフを1つずつ解除と速度に依存する。今では飛行パも★4ユグドラもアリーナで見かけるので活用する機会には困らないだろう。

P3:目覚める小宇宙は発動条件が自己完結でき、与ダメ50%上昇と効果量も充分だが、マオにターンが回ってくるまではマオの耐久力がHPそのままな上、シールド自体のHPもP1を維持するには通常クエストではともかく、アリーナでは張れるタイミング、効果量共に少し心許ない。シールドを張る部分は覚醒フロンと非常に似たスキルだが、あちらは確実に先制攻撃が出来る=必ず活かせるために強力だったという違いには注意。

アリーナではいっそのこと★4ユグドラシールドを任せたり、P1P2発動目当てのためにする方が攻略に活かせるかもしれない。

本体の性能は優秀な火力、優秀なバフ、優秀な妨害、そこそこのシールドと、それぞれの専門家には劣るにしても攻防補と高水準で自己完結しており、なおかつ補助に至っては条件さえ維持出来れば味方全体に全キャラ屈指のバフを撒けると、非常に汎用性の高いユニットになった。

基本的に、回復出来ない点や状態異常耐性が無いことを補えるヒーラーや、事前にシールドの付与が出来るキャラと組ませると、初心者から上級者まで、安定かつ非常に強力な活躍をしてくれるだろう。

そういえば回復も出来て他人にシールド張れる眼鏡がどこかに居ましたね…

もしかして→ヴェルダンディ

 

★4 世界を喰らう者 フィーヌ

f:id:lycoris_radiata:20191115034608j:plain

アリーナ:★★★★

オート:★★★★

その他:★★★★

ハイスタンダード

日本一コラボ第二弾。コラボ限定究極魔王の城でも登場。報酬で召喚石が取れなくもない。

まずS2が3*3、S3魔神フレイヤのような2*5マスと優秀すぎる攻撃範囲を持つ。さらに

P2:世界を喰らう者で条件こそあるものの、HP回復、弱化解除、状態異常解除まで持ち、P3:万震の巨人でそこそこの耐久力と若干見劣りはするが火力バフまで有り、単独で全てを持ち合わせるので、単体でのクエスト踏破能力、雑魚集団に対するオート適正は非常に高い。

ただし装備ダンジョン13層のボス等に対する性能では、言ってしまえば攻守共に中途半端なバフ程度でしかないので、倒しきれない、耐えきれないとなりかねない。

このキャラの本体はP1:魂の咆哮で、敵全てのS3をCT1延長させてから開始させるという極悪スキルを持つ。WAVE開幕時に発動なので先手を取られることもない。

これはアリーナで覚醒フロン魔神フレイヤのような開幕のS3に全ての存在価値が集約されているキャラにとって機能停止に陥るほどの致命傷であり、その他のキャラであっても基本的にS2よりS3に広範囲超ダメージや有意義なスキルが集まってるので、開幕行動が全てを握るアリーナでは非常に高い妨害能力を持つ。

同じくS3を使用不可能にする魔神フレイヤと比較すると、対面した時は発動タイミングでフィーヌが完全勝利するが、攻略側がフィーヌ魔神フレイヤどちらかを選択する場合は先手を取れる前提なら魔神フレイヤの方が移動不可がある分瓦解させやすい。だいたいフィーネで充分な気はするが、スキップオーダー持ちにはフィーヌでは効果が薄い。その他S2でも充分な働きが出来るユニットはいくらでも居るので両方所持しているのなら臨機応変に行こう。

このようにラスボスのような性能を遺憾なく発揮しているが、奇しくも★4アサギはどちらも軽い条件(闇アサギに至ってはフィーヌの存在自体で発動する)でS3のCT短縮を持つので全く効果が無い。さすが主人公や。この対比が狙ってやった物だとしたら良いなぁ。

 

Tier2

★4 ドリーム・クラウン パティ

f:id:lycoris_radiata:20191018161559j:plain

アリーナ:★★★★

オート:★★★★

その他:★★★

無性別バッファー

性別不明のみという極一部のキャラだが強力なバフを撒けるパティの★4Ver。おおよそ元のパティをグレードアップさせた性能をしている。

S2:玩具のカーニバルは元々がSpd25%+Atk25%だったものが、Spd25%+CriDmg50%になった。順当強化。

S3:奇術トリックトイサーカスは★4アサギのような方向が指定出来る3*6マスではなく、向きは左右固定で射程は無限と少し癖がある性能。スレイプニルスサノオS3を太くした物と言えば分かりやすいだろうか。

右端から左端まで届くのでバッファーの初期位置からでも当てることで困ることはないだろうが、敵陣に深く入り込んだ時や、自陣に敵が深く入り込まれた時に縦軸に変えることが出来ないのでそこは注意したい。

P1:イッツショータイム!のおかげで開幕バフの手段、種類が増えた。特に浴衣ラハールちゃんユグドラor神官でシールドを貼る以外にも開幕から火力を増強しつつ強化状態を付けることが出来るのは似た効果を持つクリフトハロウィンセラフィーヌには無い利点。

更に開始時に付いてしまうので多くのバッファーの悩みの種だった先手を取る必要はなく、アタッカーも位置に引っぱられることなく自由に動ける。

逆に欠点というほどでもないが、サンタラハール暴勇マオに先に動かれる場合は解除されてしまうので注意。

パッシブによる強化だが、アクティブスキルのように強化状態のアイコンが付くタイプなのでダメージ計算のどこに乗るかは要検証。

P2:高揚の手拍子ターン開始時に強化状態のキャラのS2を確定で短縮する物。もちろん自分にもかかるのでS2は実質CT2で撃てる。

P1は先手を取る必要はなかったが、S2+P2の効果量や重ね掛けチャンスは大きいのでやはりバッファーとしてPT内最高速のSpdは確保しておきたい。

P3:ドールマスターの真撃パティ特有の性別不明キャラを超強化する物。素のパティはAtkDef60%+Spd30%でこちらは与ダメ被ダメ66%と数値上は少ないように見えるが、与ダメ被ダメ表記の物は最終ダメージに乗るので、Defが大きく上回ってる場合を除けば、ダメージ計算上はこちらの方が効果量は大きい…大きいはず。

素のパティの上位互換かと言われるとSpdバフが無い時点でそうとは言えないが、とはいえ、無機物PTで片方しか採用しない理由も引けなかった以外に特に無いのでダブルパティで。

殲滅機械やゾンビアサギ等、エースのボーナス状況によっては非常に突破しづらいパーティが組める。

オート適正も無機物バフを除いても味方全体のバフが大部分を占め、攻撃スキルは極大範囲、転生で短縮してなければどうしてもWAVEを跨いだ時に陥りやすい、使えるスキル枯渇問題を緩和させられる等、安定性向上に大きく貢献する。

CriDmgやCT短縮など、ことごとく初心者が生かしづらいバフで固まってるのでリセマラでは全くお勧め出来ないが、安心なことにハロウィン限定なので新規がお目にかかることはまずない。

 

★3 魔界の極悪サンタ ラハール

f:id:lycoris_radiata:20190716153003p:plain

アリーナ:★★★★★

オート:★★★★

その他:★★

純アタッカー

クリスマス。

おおよそ攻撃性能はラハール準拠でS3だけ範囲広い分CTも長い。

そのくせP1:悪の華道がスキップオーダーなのでヤバさがヤバイ。ヤバさしかないので書くことがない。強いて言うなら、通常攻撃で全ての敵を倒せるなら関係無いが、どうしてもS2S3がCT中でスキップオーダーを発動出来ない時間がシゲキングらに比べて長くなってしまうのはわずかに欠点か。

P2:悪逆非道もほぼ確定強化奪取となかなかに酷い。動けさえすればシールドを全て引っ剥がして自分の物に出来たりする。ここはシゲキングアデルにはない強力な利点。特定パーティのメタに。

アリーナにおいてエースボーナスを活用し、同じくエースボーナスを利用した☆2スキップオーダー持ちに迫るステータスを確保でき、さらにあちらとは強化奪取で差が付けられるので攻略側最重要キャラの一角を担えるようになった。

通常クエストにおいてP1:悪の華道は無類の強さを発揮するが、発動には結局それなりの装備が要求されるので、まだクリアが不安定なクエストの攻略用というよりも、既に周回出来るダンジョンを高速で回るためのキャラ。

素の状態で11層の雑魚を一撃で倒し切るには結局★7装備で固めてる必要があり、12層ならある程度★8装備が揃ってる必要があり、13層の雑魚のワンパンを目指そうものならさらに転生と★8厳選を重ねてる必要がある。 ★3最強ユニットの一人なのは間違いないが、上記★4の2名と違って雑に使って超強いってわけではないので注意。

暴君ヴァルバトーゼとほとんど同じ理由だが、サンタラハールの強さの大半が「常識的なHPの敵が複数居る時に発揮する強さ」であるせいで、究極魔王の城や、先手が取れるかどうか分からない上にHPが桁外れの超高難易度クエストでは平凡なアタッカーと化す。ただ、確定の強化奪取はそこそこ貴重なので使える場面はあるかもしれない。

その出番も引き直しガチャに出てくる★4マオに取られたが。

 

★4 闇剋の魔神 フレイヤ

f:id:lycoris_radiata:20190716153031p:plain

アリーナ:★★★★★

オート:★★★

その他:★★

状態異常デバッファー

いわゆる状態異常パの基点。そもそも状態異常パってなんだよ。ワシにもわからん。

中間管理職のストレスで闇落ちしたおば おねえさん。

S2:ダークネスレインS3:暗黒カタストロフィともに弱体化+状態異常、S3にはP1の効果で封印100%、さらにS2,S3がどちらもP2の効果で移動不可2ターンが50%で付く。

S3が全ての陣形を漏れなく一掃する攻撃範囲のため、アリーナでは先手を取られてこれを振られるだけでクリア困難になる。それを主目的に速度に全振りした魔神フレイヤはアリーナに腐るほど居るので、対策出来るかどうかがアリーナの踏破効率に大きく関わる。

有効な順に、先手を取る、状態異常無効のアタッカーを使う、フレイヤの行動直後に状態異常をケア出来るキャラが麻痺しないように祈る等、色々あるが先手を取れない以上は運ゲーにならざるを得ない。

充分な戦力を維持しつつ、上位層の魔神フレイヤを速度で抜けるのは現状では覚醒フロン天嘩無双ラハールちゃんくらいなので手に入る機会があれば手に入れておきたい。

アリーナ攻略でも使えなくはないが、S3の範囲の関係上、移動不可封印でも相手から攻撃が届く位置に鳴らざるを得ないので全員生存クリアを狙うならあまり頼れる物ではない。かと言って超魔王エトナ等の火力上昇のために状態異常をばら撒くとなるとS3P3の状態異常はどちらも1ターンなので、魔神フレイヤ→敵→味方の行動順になると状態異常が基点のパッシブは活かせない。超魔王エトナ等で追撃するなら割り込めないようにSpdは団子状にしておきたい。

過去から現在まで、アリーナでは火力耐久度外視のSpdもりもりS3ぶっぱで挑戦者に数多くのリタイアさせた。状態異常耐性持ちや、覚醒フロンなど、対策方法も増えてきたが専用の対策が必須という時点でまだまだメタの一角。絶対許さんぞこのBBA。

あくまでアリーナ防衛時に超絶な強さを誇るというだけなので、選出に拘らない人には現時点でそこまで必須というわけではない。

 

★3 沼の魔女 メタリカ

f:id:lycoris_radiata:20190716153028p:plain

アリーナ:★★★

オート:★★★★

その他:★★★

万能アタッカー

魔女と百騎兵。

アタッカーに全振りしましたって感じの極端なステータスだがパッシブスキルのおかげでオート適正、安定性はかなり高い。

P1:不死の身体は戦闘不能時に強化状態でHP75%で復活、P2:偉大なる沼の魔女は全属性に有利とエトナヴァルバトーゼの強みを両取りし、攻撃性能が若干低いヴァルバトーゼと違い純アタッカー並の火力を確保、さらに状態異常も豊富にばら撒ける。復刻はよ。はよ。はよ!!!

8/15復刻時に微強化。元々強かったが、全体的に微強化とS3:ワールドイズメタリカの「あらゆる状態異常」に回復阻害が含まれることになった。より状態異常数を稼ぎやすくなったので状態異常パーティにはそこそこ強化。

 

★4 弾劾の執行者 闇アサギ

f:id:lycoris_radiata:20190810010159p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★★

その他:★★★★

アタッカー

アサギガチャ or 闇チケ or イベント報酬

おおよそ★4アサギの闇コンバージョン。

S2:ダークネスキリングはCT2で周囲攻撃、S3:ファイナルダークバズーカは範囲縦3*橫6の極太レーザーで弱体化3種のCT4、Atkは1300を超え、素のSpdも150近いと、アタッカーとしての性能は十分だが、

P1:闇との共鳴S3のCTを軽い条件で短縮するものでアリーナの最重要ファクターである開幕には一切貢献出来ず、

P2:罪悪より来たるもこちらは2番手3番手に行動させれば発動は容易だが、自身のみで40%と★4としてはどうしても見劣りする。

P3:主人公の憧憬暴君と同じ効果範囲であちらはSpd20%、こちらは与ダメ15%。

と、以上を勘案するとアリーナよりも、敵味方共に闇属性が用意しやすく、P3も配置に自由が効きやすいので、究極魔王戦(バール)闇属性縛りの間に適したキャラ。実際、実質CT2でS3:ファイナルバズーカを連発出来るのはとても強い。

イベントに参加できていれば確実に入手出来るキャラなので、闇属性の手持ちキャラが少なかったり、転生の間ー究極魔王ーアリーナとそれぞれのエンドコンテンツに専用のキャラを用意するだけの余裕が無い場合に、どれもそれなりにこなせるキャラとしては便利。少なくとも★3アタッカーよりかははるかに強い。

 

Tier3

★4 歪なる邪神 オーラム

f:id:lycoris_radiata:20190810010156p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★★

その他:★★★

タンカー

残存HPS2S3どちらかを90%カットする強烈な耐久パッシブ、P1:虚ろう正義を持つ。相手がAIならそれなりに発動が見込める。速度で抜けない覚醒フロンを相手する時等に。S1S3しか攻撃スキルが無いキャラはそこそこ居る。

攻撃面は特別強力というほどではないS2S3と★3よりは高い程度のAtkP2:堕ちた伝説の条件付きで50%上昇するだけなので他の★4と比べると劣る。

P3:闇に秘める謀略も、遅効性、属性縛りなのでどうしても耐久面以外はアリーナ向きではない。相手の使用スキルを封印でコントロールする等でハマれば強いが、速攻殲滅には向かないステータスと所持スキル、単独では耐久型なのに回復や状態異常耐性もあるわけではない、と今のアリーナの環境に合ってるとは言い難い。

上記とは真逆だが、P3はどうしても移動不可でターンが嵩みやすい闇転生の間や、耐久が高い闇魔装の間では活かしやすく、本人の耐久もP1はAI相手なら発動が期待出来るのでオート適正はそれなりに高く、チャレンジダンジョンでも90%カットが生きる状況はあるかもしれない。

 

★4 侵蝕の邪念 リーゼロッタ・ダーク

f:id:lycoris_radiata:20190716152913p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★★

その他:★★

ハイスタンダード

P2:束縛の守護は簡単な条件でダメージ50%カットの高耐久を得られ、P3:歪な操り人形でも広い範囲にダメージ増加が得られるので、S2,S3の取り回しやすさも加味するとかなり使いやすさに偏重した性能。

代わりにコレと言った特出する能力はない。この辺りはヴォイドダークに似ているか。P2の50%カットはともかく、P3の発動して30%増加は☆4としては少し物足りない感はある。

 

★4 死を統べる者 ギグ

f:id:lycoris_radiata:20190716152943p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★★

その他:★★

高速/バフ略奪アタッカー

日本一コラボ

Spdがクソ高いのでその分装備を火力に回しやすい。

Spd以外のステータスやS2S3ともにその辺の★3クラスだが、P2S2が、P3S3がCT減少するので継続火力は充分高い。編成次第だが通常攻撃が大ダメージの範囲攻撃になるようなモノ。

アリーナでは火力枠を維持しつつ敵の強化効果を確定で奪えるのを活かせるなら使えなくもないだろう。サンタラハール暴勇マオで奪えるんですけどね。

 

★3 イワシ閣下 ヴァルバトーゼ

f:id:lycoris_radiata:20190716152954p:plain

アリーナ:★★★

オート:★★★★

その他:★★

耐久アタッカー

P2:復活!イワシパワーによる復活+P1:吸血鬼の証による吸収持ち。火力は悪くはない程度。継戦能力に優れる上に範囲攻撃も並以上なので通常クエストではひたすら使いやすい。

アリーナの防衛では言うまでもなく厄介だが、攻略側でも覚醒フロンのワンパンを確定で耐えられる、闇おばさんに封印されても死に戻りで解除等、何かと便利。

 

★3 ビューティー男爵 中ボス

f:id:lycoris_radiata:20190716153036p:plain

アリーナ:★★★★

オート:★★★★

その他:★

純アタッカー

良質なAtkSpd、使いやすく広い範囲攻撃と取り回しやすいCT、最高クラスのパッシブとストーリーでの扱いに反して非常に優秀。

P1:中ボスのおかげで会心系装備は攻撃の魔石や一撃の魔石に置き換えられるので、アリーナ、通常ダンジョンでの火力は非常に高い。

P2:スマートビューティーも開幕時ならかなりのウエイト減少を得られる。

ただし高難易度クエストはボス扱いの敵が多い上に究極魔王はもちろんボス扱い。それでも初心者には非常にありがたいキャラなのは間違いない。

 

★3 ドールマスター パティ

f:id:lycoris_radiata:20190716152939p:plain

アリーナ:★★★

オート:★★★

その他:★★

無機物バッファー

無機物でなくとも闇の貴重なバッファーとして。

P1:ドールマスタの神髄は★4パティと重ねることで殲滅兵器や百鬼兵をアカン強さにまで引き上げることが出来る。やめるでち。

S2:玩具のダンスでもチャンプル先生程度のバフではあるので、アタッカーしかいないならとりあえず放り込んでおくだけでも役に立つ。

 

★3 妖艶の黒猫 セラフィーヌ

f:id:lycoris_radiata:20190716153039p:plain

アリーナ:★★

オート:★★

その他:★★★★

アタッカー/サブバッファー

ハロウィン。

バフはP1:熱狂のバーレスク依存なので装備や編成時の役割はアタッカーとして行える。最近増えた春服ラズベリルのような感じ。

P2:マジックチャームは周回先を選定すればともかく、P1:熱狂のバーレスクはとてもオートで安定発動出来る物とは言えないので周回には使いづらい。ただ、闇転生の間は性別不明のみだが闇魔装の間なら男性多めなので耐久面はそこそこ期待出来る。

真価は位置が固定出来る究極魔王の城。移動もくそもないので周りを男性でガッツリ固定出来る。相手がバールの場合(バール男性だよね???)ならP2も活かせる。

 

★3 魔帝 ヴォイドダーク

f:id:lycoris_radiata:20190716152950p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★★

その他:★★

アタッカー

使いやすい攻撃スキルと高めのステータスを持つ。実装当初は結構イロモノキャラだったはずだけどマオの強化やらなんやらで影が薄くなってしまった。

それでも高いステータスから繰り出されるS3:ルインバーストは変わらず優秀なのでアタッカーとして使っていける。

9/5メンテナンスにて強化。

S2:エナジーバーストがCT2→1に。

P1:恐怖の視線の「攻撃を受けた時50%で1ターンの麻痺付与」に「麻痺状態の相手への与ダメ40%上昇」が追加。

P2:力の略奪の「敵を倒した時、強化効果を全て奪う」に「自分が強化状態の場合、被ダメ30%カット」が追加。

元々優秀なステータスから繰り出される優秀なアクティブスキルアタッカーをこなしつつ搦手を少々、と言った役割からは変化が無く、耐性がそこそこ上がった感じでハイスタンダードキャラなのは変わらず。

純粋に更に使いやすくなったが、特殊な一芸がなければアリーナでのアタッカーは★4や★2エースにどうしても劣ってしまうのが残念。アリーナや状態異常が効かないクエストを除けばトップクラスに使いやすく、耐久もそこそこある非常に優秀なアタッカー。

 

★3 魔界一の優等生 マオ

f:id:lycoris_radiata:20190716153010p:plain

アリーナ:★★★

オート:★★★

その他:★★

状態異常デコイ/タンカー

闇チケ。

S2S3ともにそこそこな確率で混乱を撒ける。ただし倍率が普通/大ダメージなので最近の大/超ダメージが辺り前のキャラと比較すると威力が低い。低そう。(稀に表記と伴ってない技のキャラもいるらしい)。いつぞやのメンテで低かったスキル倍率が強化された。

P1:天才の生体実験は元々、状態異常をばら撒くには有用なスキルだったが、調整により状態異常のキャラからのダメージ軽減60%が追加された。これを利用して耐久を上げ、被弾する回数を増やして状態異常をばら撒く基点とすると面白い。と思う。

 

Tier4

★3 魔夏の魅惑 ロザリンド

f:id:lycoris_radiata:20190716152903p:plain

アリーナ:★

オート:★★★★

その他:★★

純ヒーラー

夏イベ。P2:魔夏の抱擁で闇属性のみという条件はあるものの立ってるだけで回復していく。闇属性の貴重な広域ヒーラー…どころか闇にはヒーラー自体が稀少。S3も広範囲回復のオメガヒール。ヒーラーはこいつ1体で事足りるはず。足りないなら戦力がそもそも足りてない。攻撃性能は最低クラス。囲って姫プレイに励もう。

7/18にて調整が入った…が、元々、転生の間でそれなりに使われていたからか微々たる物だったため、転生の間向けなのは変わらず。

 

★3 宇宙最強の娘 ペタ

f:id:lycoris_radiata:20190716153013p:plain

アリーナ:★★★

オート:★

その他:★★★

単体ヒーラー

ファントムキングダム。8/15復刻+強化。

実装当時ですら、アクティブスキルの性能の低さは周りから浮いていたが、今回の強化でS2:ペタビームは昨今の汎用なS2の範疇に収まる性能になった。

S3:御先のエイルは元の単体大回復状態異常、弱化を全て解除が付き、こいつさえS3が撃てるなら機能不全に陥ったエースアタッカーを無理やり動かせる状況が作れるようになった。魔神フレイヤの封印リセマラや、ワールドイズメタリカの状態異常の運ゲーの被害を抑制する事が出来る。受けた状態でクリア出来るかはまた別問題だが。

CT5と回転率は極悪だが、P2の存在で確率でS3のCTが減少するようになったため、実質CT3前後で撃てる期待値になる。

P2:未来からの贈り物自体の効果もHP回復量自体は減ったが待機時からターン終了時になったため、実質の回復量は上昇している。

アリーナでは効果は薄いかもしれないが自軍のエースアタッカーに複数回撃てる状況が増えたのは素直に評価点があるだろう。

P1:タイムアクセルは本来はアタッカーS3を撃った後に発動させたいが、それ以上にS3:御先のエイルでアタッカーにターンが回る前に状態異常を解除したいというジレンマがある。相手の編成によって上手いこと調整しよう。

 

★3 背徳者 サロメ

f:id:lycoris_radiata:20190716152923p:plain

アリーナ:★★★

オート:★★

その他:★★★

デバッファー

ファントムキングダム…なのだがこのキャラで排出されたのはファントムブレイブコラボ時。復刻はちゃんとキングダムの方で復刻、強化された。

S2:超魔回復は単体70%を大きく回復するが、調整はされず、調整されたペタがCTの差はあれど、60%+全異常弱化解除なのでどうしても見劣りしてしまう。

S3:ブラックプリズンは最近良くある超ダメージ、範囲3*3、追加効果有り、CT4に強化された。同じくCT4で範囲超ダメ追加効果2種はスルズのプルームサンダーなのでかなり使い勝手は良くなった。

P1:冥府の根源は既存のレジストブレイク冥府の波動を統合した物で範囲はレジストブレイクの範囲3という極大範囲のまま、効果はそれぞれレジストブレイクの状態異常抵抗減少20%が30%に、冥府の波動Cri%減少40%が50%になった物。

レジストブレイク側は元々抵抗力があまり重視されていない上に微強化なので特定のボス以外では虚無だが、冥府の波動が50%減少に微強化され、範囲が2→3と大きく強化されたので攻撃しに来たキャラの多くが効果範囲に収まるようになった。

この点はアリーナでは範囲も効果量も超魔王エトナの下位互換っぽくなってしまうが、エトナと違い、HPに依存しないので第二撃、三撃での発動も期待出来る。

P2:背徳者の献身は新スキル。ターン開始時に一番HPが低い味方1体なので、狙って回復させることは出来ないが、ターン開始時かつ、勝手にサーチしての回復なので、サロメ自身の位置や行動に影響を与えない。これは射程の短いS2や出来るだけ中央付近で発動したいP1を邪魔しないのでかなり理に適っている。

ペタ同様、適当に入れて強いキャラではないが、Cri%の減少はクエスト先やアリーナの編成によってはかなり有効に働くので上手く使い分けたい。

 

★3 背徳の魔剣士 ユダ

f:id:lycoris_radiata:20190716152928p:plain

アリーナ:★★★

オート:★

その他:★★★

食いしばりアタッカー
食いしばりがあるせいなのか、スキル調整がまだ入ってない。と思う。全部追えてるわけじゃないので把握漏れかもしれないが。

攻撃性能は高めで食いしばりがあるのでアタッカーとしては十分。ただ攻撃範囲は狭いので他の食いしばり持ち以上に耐えたとしても状態異常で機能停止に陥りやすい。

食いしばり+火事場の超火力でアリーナの地雷として充分、究極魔王の城でも食いしばりがある分生存ボーナスを達成しやすく、デバフ延長も活用が報告されている。

 

★3 完全最終兵器 デスゼット

f:id:lycoris_radiata:20190716152932p:plain

アリーナ:★★

オート:★★★

その他:★★

純アタッカー

闇チケ。デス子と同じS2がCT2で3*3大ダメージ。超優秀。S3もまぁ優秀。デスコよりは使いづらいが。

P1P2が比較的発動しやすく、火力は申し分ない。搦手があるわけではないが、火力が自分1人で完結している単純なアタッカーとして。

5/9の調整で強化。でもステータスが上がっただけなのでこのまま。

 

★3 魔将軍 マジョリタ

f:id:lycoris_radiata:20190716152920p:plain

アリーナ:★★

オート:★★

その他:★★

耐久デバッファー

闇チケ。

復活するだけ。だったがデバッファーとしても使えるようになった。

デバッファーとは書いたがS2:ネクロウェイブの効果も効果量こそそこそこ大きいが発動率66%と常時頼れるほどでもなく、P2:相対する呪いも「状態異常を受ける」というなんとも厳しい条件付きでようやく発動なのでなかなかアリーナでも活かしきれない。

復活Def99%上昇しながらHP66%で復活になったので、耐久偏重のエースボーナス時には嫌がらせには使える。残念ながら時間稼いで終わりだが…

 

★3 貫撃の戦乙女 ランドグリス

f:id:lycoris_radiata:20190716152936p:plain

アリーナ:★★

オート:★

その他:★★★★
闇チケ。

手数重視。一番使用頻度の高いS1の威力が高くなるのとそこそこの確率で即時行動を得られるのは嬉しい。

確率ではあるがS2で強烈なSpdデバフが入れられる。範囲攻撃かつCT2なのでS1P1の即時ターンと合わせて敵のSpdを大きく下げられる。

敵のSpdが下がれば自分に早くターンが回ってくるので更に…と言った具合。

あくまでサブアタッカー程度の火力でメインはデバフ補助なのでPT全体のバランスには注意。過度にターンが回ってきて時間制限が無駄に浪費されるだけという事態は避けたい。

特定回数攻撃するまで終わらない究極魔王の城では、相手のSpdとウエイトを限界まで引き伸ばしてより多くの攻撃を叩き込む際に利用される。

 

Tier5

★3 聖魔騎士 アッシュ

f:id:lycoris_radiata:20190716153000p:plain

アリーナ:★

オート:★★

その他:★★

対闇特攻

闇属性が多めの所なら普通に使えるがそれ以外の所はちょっと…闇転生の間等で使うためだけにオーブ振るのはさすがにちょっともったいない。

 

★3 赤髪の悪魔 ゼノリス

f:id:lycoris_radiata:20190716152957p:plain

アリーナ:★★

オート:★

その他:★★

バフ奪取

P1:絶望の秘宝でアリーナならバフ剥がしのサポートに、闇転生の間でもまぁバフを奪われやすいので取り返すのにと敵依存の割には発動機会自体はそこそこ狙える。

ただし結局は確率なので強化奪取目的ならギグやクリスマスラハール等で良い。どちらも限定なので持ってない場合や、ダメージを介入しないのでアリーナ等でシールドを奪いたい時に。

攻撃範囲が絶望的に狭い、バフ奪取は相手次第とこれでもかと言うほどオートには不向き。

 

★3 混沌の先導者 闇アサギ

f:id:lycoris_radiata:20190716153006p:plain

アリーナ:★

オート:★★

その他:★★

エイプリルフール、アサギガチャ産。

全ての的に対して有利属性扱いなのでオート適正は少しあるが、攻撃範囲が微妙なのがもったいない。

 

★3 キュートな小悪魔 エトナ

f:id:lycoris_radiata:20190716153043p:plain

アリーナ:★★

オート:★★

その他:★★

魔神の威厳で全属性有利が付く(闇は攻守2割)ので闇属性自体が手に入りにくいのも加味してサブアタッカー辺りに採用余地がある。攻撃範囲の関係とアリーナでは女性キャラが多めなことを考慮して闇アサギよりはちょっと評価上。

 

★3 咆狼の守護者 アヌビス

f:id:lycoris_radiata:20190716153017p:plain

アリーナ:★★

オート:★

その他:★★★
特定状況だとクッソ硬いが前提条件が…どうしようもない状況でも運ゲーに出来るということで、いつかそんなチャレンジダンジョンが来ることを期待して★3つ。

 

★3 箱入り娘 パンドラ

f:id:lycoris_radiata:20190716152946p:plain

アリーナ:★★

オート:★

その他:★★★
かわいい置物。

アリーナで特定の嫌がらせ防衛パーティや、戦闘不能タイミングを調整しやすい究極魔王の城で、特定のターンに確実に回復を撒くといったことが出来る。

 

★3 堕天使 フロン

f:id:lycoris_radiata:20190716153021p:plain

アリーナ:★

オート:★

その他:★★

回復撒けるっちゃ撒けるけどCT調整受けてないので回転率がひどい。

その回転率の遅さから究極魔王の城で回復タイミングをズラすのに利用出来なくもない。

 

★3 全知全能の書 ゼタ

f:id:lycoris_radiata:20190716152900p:plain

アリーナ:★

オート:★

その他:★★

ファントムキングダム。
じぇねりっく子安。

強化されたがやれることはあまり変わらず。魔チェンジ出来るようになったりしないかな。

 

★3 暗黒英雄 アクターレ

f:id:lycoris_radiata:20190716152908p:plain

アリーナ:★

オート:★★

その他:★

パッシブの効果があるという前提で★2つ。