電脳遊戯のメモ帳.txt.exe

いろんなゲームの初心者向け解説、導入手順や備忘録。

【ラストオリジン】キャラ・編成別ステ振り考察

最終更新:2021/7/19

・無敵の龍砲を追加。

前提

・大型アプデでVer2.0になったのでフルリンクボーナスとステータスの振り直しを兼ねて自分用に特定編成と汎用のステ振りを再計算したやつの覚書。本家Wikiと日本版Wikiと見ながらなのでズレがあると間違ってるかも。むしろ間違ってたら僕が振っちゃう前に教えて。教えろ。

・基本的に何も書いて無ければ攻撃役はLv90フルリンク昇格済み好感度100状態。200だとパッシブが強化されてハードルが僅かに下がる。初撃クリ率100%(支援攻撃を持つキャラクターなら最初の支援攻撃開始)を目指すので自身攻撃後等にバフ掛かるタイプは計算から除外。

・フルリンクボーナスは基本的に火力役がスキル威力、補助役はバフ/デバフLv+2、保護機はHP+20%や回避+20%を取得。ビーストハンターのような特殊な例や、射程+1と行動力+0.1は運用から変わるので必要な場合は記載。バフの括弧内はバフデバフ効果+Lv2時。

・ボーナスのクリ率+20%、命中+75%はどれもステ振り上はLv50分。分析回路(クリチップ)は貴重だがLv70分稼げる。基本的に採用しないが専用装備との兼ね合いで採用する事もある。持ってるなら使えば良い。

汎用単体

Wikiの超精密照準器前提のテンプレ振りから外れるやつ。

4-4EX

エイダー

影響するクリパッシブ:無し

リンク:スキル威力+20% or バフ/デバフLv+2

装備:運命の水晶玉、強襲型OS。

クリLv238、命中Lv6、残り攻撃。

4-4EXひよこ周回をメインに、他用途でも調整せずに突っ込める形。ただしWAVE1からの偵察、射程-1が必須なので2枠はほぼ固定。攻撃力、行動力、命中力は適時チップで調整。

7-7

共振のアレクサンドラ

影響するクリパッシブ:無し

リンク:バフ/デバフLv+2

装備:回路最適化*2、チョコ、強襲型OS。

クリLv225、残り攻撃。フルリンク時点で7-7の必中命中は確保済み。射程-1が必要なので以下略。基本的に行動力全ツッパだが、他ステージで使える場合は下げる余地あるかも。

特定編成用

特定ステージ専用みたいな編成じゃなくてある程度顔ぶれ固定で運用する奴。味方のパッシブ込みでクリ率100%目指すのでクリ率ダウンしてくる敵が居る所で使う場合は空き枠にクリ率上昇するキャラや装備を入れて対処。

ソワコンカーン

例のアレ。5コンスタ、6ソワン、9カーンを軸として2アルマンに3マリーとか、4LRLとかそれなりに自由。基本的にソワンは火力、残りはひたすら行動力に特化させる。

・ソワン

P2:範囲味方クリ率7.25%(自身含)

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

命中Lv10、クリ率Lv95、残り攻撃。

・コンスタンツァ

P2:味方クリ率9.5%(10.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:エネルギーパック等

クリ率Lv184、残り攻撃。

・カーン

P1:味方クリ率14.5%

リンク:スキル威力+15% or クリ率20%

装備:エネルギーパック等

クリ率Lv115 or Lv65、残り攻撃。

全員合計でクリ率+31.25%(32.25%)。つまりホード編成に組み込むカーンはともかく、ソワンとコンスタンツァはソワコンカン編成でしか使わないならこれだけクリティカル率をサボれる。カーンのステ振りはここより下記のホード編成に合わせたほうが良い。

アンガー・オブ・ホード

Ver2.0以降の軽装速攻型大本命。ソワコンカンと違って支援受ける側の攻撃が命中しない事には意味がないので前3人は超精密照準器装備。カーンの命中に振るかはお好み。最悪、命中チップや射程減のフェザーにアクティブ2を打たせる事でもカバー出来る。

・クイックキャメル

P2:自身クリ率+14.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv70、残り命中攻撃。

・T-75 ウェアウルフ

P1:自身クリ率+14.5%

P2:自身命中率+29%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv38、残り攻撃。

・カーン

P1:味方クリ率+14.5%

P1:味方命中率+43.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv70、(命中Lv6)、残り攻撃。

ソワコンカン編成に流用するならクリ率Lv120にして補助装備を自由枠に。

・E-16 タロンフェザー

P2:味方クリ率+14.5%(+15.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:運命の水晶玉、小型偵察ドローン等。

回避極 (or HP防御)。

立ってるだけで仕事をしてくれる案山子だが共同攻撃を引っ張り出すには命中させる必要がある。OSは標準か戦況分析システム(本家Verに統一されたので偵察バグが直ってると仮定)辺りが丁度いい。それでも足りなければチップで確保。紙の擬人化である前3人が倒れるような状況なら即撤退なのでステ振りは正直どっちでも良いが、タロンフェザー自体は他で使う事もあるのでまぁ呼ばれるであろう編成的に無難な回避極で。

 

タロンフェザーとカーンで味方全体に合計+30%、クイックキャメルとウェアウルフは自身のバフも含んで合計+44.5%分ものクリ率増加を受けるのでその分を攻撃に回せる。カーンもソワコンカンよりこっちの編成に合わせたステータス配分にするのが吉。

無敵の龍砲

最低限必要なキャラは無敵の龍+贖罪のマリアのみ。

・無敵の龍

P3:対象者クリ率+14.5%(+15.5%)自身含む。

P3:対象者命中率+43.5%(+46.5%)自身含む。

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:運命の水晶玉(+改良型分析回路) or 小型偵察ドローン、

クリ率Lv148、(水晶玉なら命中Lv23 or 改良型分析回路)残り攻撃。少しでも火力を上げたいなら分析回路(クリLv70分)やβ(Lv84)を採用して攻撃へ。行動力がそこまで重要じゃないので水晶玉より小型偵察ドローンの方が命中や入手性で優位か。まぁ手持ちの装備に応じて。

・贖罪のマリア

P1:対象者クリ率+9.5%(+10.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:とくになし。

 

無敵の龍は無敵の龍砲編成以外にもバフ要員に使える。