電脳遊戯のメモ帳.txt.exe

いろんなゲームの初心者向け解説、導入手順や備忘録。

【ラスオリ】キャラ・編成別ステ振り考察

ラストオリジンの自分用にステ振り計算したやつのメモ。

最終更新:2021/10/28

・日本版8章実装に伴い名前伏せてたやつを解禁。

・レモネードアルファを攻撃/命中振りに訂正。

前提

・大型アプデでVer2.0になったのでフルリンクボーナスとステータスの振り直しを兼ねて自分用に特定編成とか汎用のステ振りを計算したやつの覚書。本家Wikiと日本版Wikiと見ながらなのでズレがあると間違ってるかも。むしろ間違ってたら僕が振っちゃう前に教えて。教えろ。

・基本的に何も書いて無ければ攻撃役はLv90↑フルリンク昇格済み好感度100状態。200だとパッシブが強化されてハードルが僅かに下がる。初撃クリ率100%(支援攻撃を持つキャラクターなら最初の支援攻撃開始)を目指すので自身攻撃後等にバフ掛かるタイプは計算から除外。

・フルリンクボーナスは基本的に火力役がスキル威力、補助役はバフ/デバフLv+2、保護機はHP+20%や回避+20%を取得。ビーストハンターのような特殊な例や、射程+1と行動力+0.1は運用から変わるので必要な場合は記載。バフの括弧内はバフデバフ効果+Lv2時。リンク先がバフデバフLv+2で他に何も書いて無ければ基本的にこっちで計算。

・ボーナスのクリ率+20%、命中+75%はどれもステ振り上はLv50分。分析回路(クリチップ)は貴重だがLv70分稼げる。基本的に採用しないが装備との兼ね合いで採用する事もある。

ステータス調整用早見表

・命中率 Lv1=1.5%

・クリ率

Lv1=0.4%

Lv30=12% (出力安定回路、出力制御回路)

Lv50=20% (超精密照準機、改良型分析回路)

Lv70=28% (分析回路)

Lv84=33.6% (分析回路β)

汎用単体

○資源ラン用ノーリンクハルピュイア

Wikiに載ってた周回用ハルピュイアがVer2.0以前の物だったので再計算しつつ、AIも強化されてるんだから同じステ振りでも装備と配置工夫すれば3-1ex、3-2ex、4-4ex全部1人で回れるんじゃね???と思って試行してたら装備まで統一して回れてしまった物。試行回数は上記3マップをそれぞれ30~40週程度。3-2exのWAVE1でHPを4割ほど削られるパターンはあるが、その後に命中し得る敵から被害最小化の回数を上回る攻撃は受けなかったので多分大丈夫。

f:id:lycoris_radiata:20211019141215j:plain

Wikiより引用:4-4ex目標命中率265%/回避率180%

影響するパッシブ

P2:範囲内味方クリ率+25%

P2:範囲内味方命中率+25%

P1:自身回避率+90%

P2:範囲内味方回避率+20%

戦況OS:クリ率+10%、命中率+25%、回避率+25%

クリ率Lv144、残り攻撃

f:id:lycoris_radiata:20211019151504j:plain

ステ要求が一番高い4-4ex目標値はこれでクリア、ダメ最小化を利用する場面があるのでスキルLv10だけは必須。Lvは知らん。全部前列でOK。逆に後列配置だと事故るパターンがあった。

旧Verではステージによっては後列に配置する事で攻撃する敵列をパターン化してたんだと思うが、AIの改良によってパターン固定とは言わずとも敵の数が多い列に攻撃が固定されるので殲滅順が数パターンにまで絞られ、その結果としてハルピュイアに当たる可能性がある攻撃が被害最小化の回数+ハルピュイアが耐えられる被弾に抑えられるようになった。SS軽量化回路を持ってないので試してないがSS軽量化*2+標準化OS+チョコとかで、足りなくなるクリ率(Lv25)と命中(Lv2)に振れば多分可能。その装備揃えられるならこっちの方が楽だと思うけど。

○4-4EX エイダー

f:id:lycoris_radiata:20211008042001j:plain

影響するパッシブ:無し

リンク:スキル威力+20% or バフ/デバフLv+2

装備:運命の水晶玉、強襲型OS。

クリ率Lv238、命中率Lv6、残り攻撃

4-4EXひよこ周回(必要命中220)メインに、他用途でも調整せずに突っ込める形。ただしWAVE1からの偵察、射程-1が必須なので2枠は固定。攻撃力、行動力、命中力は適時チップで調整。

○7-7 共振のアレクサンドラ

f:id:lycoris_radiata:20211008042004j:plain

影響するパッシブ:無し

リンク:バフ/デバフLv+2

装備:回路最適化*2、チョコ、強襲型OS。

クリ率Lv225、残り攻撃

フルリンク時点で7-7の必要命中(190)は確保済み。射程-1が必要なので以下略。基本的に行動力全ツッパだが、他ステージで使う場合は攻撃力含め要調整。

特定編成用

特定ステージ専用みたいな編成じゃなくてある程度顔ぶれ固定で運用する奴。味方のパッシブ込みでクリ率100%目指すのでクリ率ダウンしてくる敵が居る所で使う場合は空き枠にクリ率上昇するキャラや装備を入れて対処。

軽装主体

ソワコンカーン

f:id:lycoris_radiata:20211008042021j:plain

【配置】5:コンスタ、6:ソワン、9:カーン

を軸とした例のアレ。残りは

2:アルマン、3:マリー、4:LRL

等。基本的にソワンは火力、残りはひたすら行動力に特化させる。

ソワン

P2:範囲味方クリ率7.25%(自身含)

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

命中Lv10、クリ率Lv95、残り攻撃

 

コンスタンツァ

P2:味方クリ率9.5%(10.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:エネルギーパック等

クリ率Lv184、残り攻撃

 

カーン

P1:味方クリ率14.5%

リンク:スキル威力+15% or クリ率20%

装備:エネルギーパック等

クリ率Lv115 or Lv65、残り攻撃

全員合計でクリ率+31.25%(32.25%)。つまりホード編成に組み込むカーンはともかく、ソワンとコンスタンツァはソワコンカン編成でしか使わないならこれだけクリティカル率をサボれる。カーンのステ振りはここより下記のホード編成に合わせたほうが良い。

○アンガー・オブ・ホード

f:id:lycoris_radiata:20211008042011j:plain

【配置】6:クイックキャメル、9:ウェアウルフ、3:迅速のカーン、5:タロンフェザー

Ver2.0以降の軽装速攻型大本命。ソワコンカンと違って支援受ける側の攻撃が命中しない事には支援砲撃が発動しないので前衛3人は超精密照準器装備。カーンの命中に振るかはお好み。最悪、命中チップや射程減のフェザーにアクティブ2を打たせる事でもカバー出来る。

クイックキャメル

P2:自身クリ率+14.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv70、残り攻撃

 

T-75 ウェアウルフ

P1:自身クリ率+14.5%

P2:自身命中率+29%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv38、残り攻撃

 

迅速のカーン

P1:味方クリ率+14.5%

P1:味方命中率+43.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv70、(命中Lv6、)残り攻撃

ソワコンカン編成に流用するならクリ率Lv120にして補助装備を自由枠にしても良い。将来的にカーン専用装備が実装された時もアイテム枠を浮かせる。

 

E-16 タロンフェザー

P2:味方クリ率+14.5%(+15.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:運命の水晶玉、小型偵察ドローン等。

回避極 (or HP防御)。

立ってるだけで仕事をしてくれる案山子だが共同攻撃を引っ張り出すには命中させる必要がある。OSは標準か戦況分析システム(本家Verに統一されたので偵察バグが直ってると仮定)辺りが丁度いい。それでも足りなければチップで確保。紙の擬人化である前3人が倒れるような状況なら即撤退なのでステ振りは正直どっちでも良いが、タロンフェザー自体は他で使う事もあるのでまぁ呼ばれるであろう編成的に無難な回避極で。

 

タロンフェザーとカーンで味方全体にクリ率合計+30%、クイックキャメルとウェアウルフは自身のバフも含んでクリ率合計+44.5%分ものクリ率増加を受けるのでその分を攻撃に回せる。カーンもソワコンカンよりこっちの編成に合わせたステータス配分にするのが吉。

○無敵の龍砲

f:id:lycoris_radiata:20211008042028j:plain

【配置】無敵の龍とマリアが隣接すればほぼ不問。

最低限必要なキャラは無敵の龍+贖罪のマリアのみ。

無敵の龍

P3:条件対象者クリ率+14.5%(+15.5%)自身含む。

P3:条件対象者命中率+43.5%(+46.5%)自身含む。

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:運命の水晶玉(+改良型分析回路) or 小型偵察ドローン、

クリ率Lv148、(水晶玉なら命中Lv23 or 改良型分析回路)残り攻撃

少しでも火力を上げたいなら分析回路(クリLv70分)やβ(Lv84)を採用して攻撃へ。行動力がそこまで重要ではないので水晶玉よりドローンの方が命中や入手性で優位か。まぁ手持ちの装備に応じて。現状1機しかおらず、出来るだけ楽に他編成にも流用するので命中は単独250%。

 

贖罪のマリア

P1:対象者クリ率+9.5%(+10.5%)

P1:対象者命中率+36.25%(+38.75%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:とくになし。

防御HP

マリアはスキルLvだけ上げたり、最悪全部Lv1のまま立ってるだけでも良いので、その場合は龍側をマリアのバフを考慮しないステ振り推奨。

 

無敵の龍は無敵の龍砲編成以外にもバフ要員に使える。

スパルタンズ(ゴルタリオン入り)

f:id:lycoris_radiata:20211008042017j:plain

【配置】4:ラインリッター、2or8:ブーマー&キャプテン、5:アサルト、6:ゴルタリオン

編成案は本国版攻略情報より。

無限復活の軽装保護機、ゴルタリオンXIII世が実装されたのでこいつを前列に配置して中列/後列にスパルタンズとラインリッターをそのまま下げる形。魔王様が居ると追加で発揮する効果もあるが、ひとまずは本国版で実装されてる昇級が来るまでは無視で良い。

【配置】5:ラインリッター、3&9:スパルタンブーマー or キャプテン、6:アサルト

編成案は日本版Wiki、データは本国版Wiki、有志ツールより算出。ゴルタリオン無しVer。

 

【ラスオリ】編成紹介#01 スパルたんズ

詳しめの解説はこちら。

 

開発さえ出来ればフルリンクが容易で結構強い。ほとんどの人はホードを直接目指した方が良いが、手持ちの資材の状況によっては金クラゲやオリジンダストを節約しつつ当面の戦力が確保出来るのでそこに価値がある、もしくはロボットしか触れないMr.アルフレッド向け。ロボットの昇級に好感度は要らないので条件は本だけでも済ませられるが、スパルタンズはともかく主砲となるラインリッターの本体製造材料や昇級に必要な素材はそれなりに面倒。これが無ければホードより更に安価な代用として初級者にお勧め出来たのに。

AT72 ラインリッター

P1:自身命中率+14%

P3:自身クリ率+20%

P3:自身命中率+20%

リンク:スキル威力+15% or 射程+1(ゴルタリオン採用等で後列にする場合)

装備:超精密照準器 or 観測装置系(スキル威力+15%選択時)

超精密照準器:クリ率Lv25、命中Lv7、残り攻撃

観測装置:クリ率Lv75、残り攻撃

命中バフが自身の分しかないので出力制限解除装置等がちょっとキツい。やるなら

出力制限解除装置:クリ率Lv75、命中Lv40、残り攻撃

 

S25 スパルタン・キャプテン

P2:味方クリ率+14.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv107、命中Lv8、残り攻撃

命中、クリ率を稼げないので超精密照準器。

 

S25A スパルタン・アサルト

P1:周囲味方クリ率+15%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器

クリ率Lv114、命中Lv14、残り攻撃

命中、クリ率を稼げないので超精密照準器。

 

S25B スパルタン・ブーマー

P1:自身クリ率+15%(キャプテン存在時2倍)

P1:自身命中率+15%(キャプテン存在時2倍)

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器 or 出力解除装置

超精密照準器:クリ率Lv37、残り攻撃

出力解除装置:クリ率Lv87、命中率Lv38、残り攻撃

自己バフのおかげで出力解除装置を難なく採用出来る。

 

・ゴルタリオンXIII世

ゴルタリオン自体は色んな編成で呼ばれそうなのでステ振りは単体で完結させる。クリ+攻撃型。ポックルを採用しない編成も多いため、関連パッシブと未来の昇級を考慮しない場合の素ステはフルリンクでクリ率20%と命中180%。クリ率Lv150+精密照準器クリ率100%+命中230%になる。即死してナンボなので耐久に振らない事さえ守ればひとまずは温存でも良い。

この編成で7-8exオートの他、永遠の戦場でも後半のいくつかのステージをオートで突破出来る。メイン小隊でのクリアが出来なかったら控えに忍ばせて置くのも良いだろう。

○21スクワッドファントム

f:id:lycoris_radiata:20211008042008j:plain

【配置】4:LRL(S)、5:ファントム(SS)、6:エキドナ、9:ラビアタ、後列:無敵の龍。

編成案は日本版Wiki、データは本国版Wiki、有志ツールより。

LRL、無敵の龍、エキドナ、ラビアタのバフデバフを利用してファントムとラビアタが殴る。ラビアタ、無敵の龍と世界に1機しか存在しないバイオロイドを2体も使う豪華っぷり。どちらもバフ要員で他編成にも流用するので専用振りにはしない。

LRL

f:id:lycoris_radiata:20210811072510j:plain

P2:対象者クリ率+15%(+18%)

P2:対象者命中率+25%(+30%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:行動力、命中率

専用装備を付けての回避極でも耐久力でもどっちでも。フルリンクボーナスがそれなりに重要なので、低燃費周回用LRLの流用はお勧めはしない。少し手間ではあるが専用のLRLを育成しよう。アクティブ2のデバフは命中せずとも発動する上に編成全体で命中バフてんこ盛りなのでひとまず振る必要は無い。装備を全部行動力系にしたいなら振っても良い。

 

エキドナ

P2:対象者命中率+36.25%(+38.75%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:不問。HPや各種属性缶。

防御HP。2:1でも1:1でも。雷属性以外も相手する可能性はあるのでHPは要る。

 

無敵の龍

P2:対象者クリ率+11.6%(+12.4%)(攻撃支援影響者1.5倍)

P2:対象者命中率+23.2%(+24.8%)(攻撃支援影響者1.5倍)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:強襲OS

無敵の龍砲編成から流用でOK。装備だけ変える。無敵の龍砲編成から自身に掛けるバフと今回ファントムに掛けるバフと違うパッシブなので計算に注意。(1敗)

 

ラビアタ

P3:対象者クリ率+14.5%自身含む。

P3:対象者命中率+36.25%自身含む。

リンク:射程+1

装備:エネルギーパックや重火器用照準器

バフ役兼サブアタッカーなので他編成から流用。どの編成でも使い回せるように自身のバフのみ計算に入れて、補助装備等でクリ、命中率を上げない場合の必要ステータスは命中Lv58、クリ率Lv195、残り攻撃。エネルギーパック軸の場合はコレ。

 

AL ファントム

P1:自身クリ率+14.5%

P3:対象者命中率+33%

リンク:射程+1

装備:不問。

クリ率Lv18、残り攻撃

無敵の龍の攻撃支援者バフ効果量1.5倍の対象。迷彩状態は初撃に影響しないので計算外。自身、ラビアタ、LRLのバフでクリ率+47%、無敵の龍のクリ率+12.4%が1.5倍されて18.6%に。合計でクリ率+65.6%ものバフが入る。素が27.5%、ステ振りで7.2%の合計100.3%。クリ率Lv17だと99.9%になる。惜しい。

 

エキドナで守り、LRLが相手のAPを減らして行動をキャンセルさせてはAPを追加してLRLが割り込んでAPを下げる。その間にファントムの支援攻撃、再攻撃、ラビアタの範囲攻撃でガンガン敵を減らしていく。特殊な耐性の敵もファントム、ラビアタそれぞれで対応出来るというバランス重視の強編成。詳しい運用は日本版Wikiの定番編成紹介へ。

火属性編成

編成案は本国版の攻略情報より。ただし本国版では下記のクノイチカエンの実装とシェードの強化が日本版と前後している(本国版ではカエンが実装された後にシェードが今の性能になった模様?日本版の現時点ではカエンは未実装。PC版開始時に配布予定有)ので好きな方選べ。

慈悲深きリアン採用型シェード軸

f:id:lycoris_radiata:20211008042024j:plain

【配置】4:シェード、5:シラユリ、6:ブラックワーム、7:リアン

リアンの偵察効果付与でシラユリの偵察時効果、支援攻撃を1WAVEから発動出来、リアン、シラユリの属性抵抗値ダウン状態の敵への追い打ちデバフをブラックワームのパッシブ3で開幕時から発動、そこにシェードが火属性範囲攻撃を叩き込むという形。

ここに1枠バッファーを配置する。相手によって変更する余地を残しておきたいため、この枠は計算から除外する。天空のエラ、アルマンが筆頭。

S12 シェード

P1:自身クリ率+9.5%

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器 or 望遠照準装置

受けるパッシブは自身のクリ率バフとシラユリの命中バフのみ。将来の拡張性を考慮してシラユリをアテにしない場合は命中+Lv20分振る。

クリ率Lv134、命中Lv24、残り攻撃

望遠照準装置の場合はクリ率Lv124、命中Lv17、残り攻撃

アクティブ1が射程2なので後列に置くだけで良い。

 

シラユリ

P1:自身クリ率+9.5%(+10.5%)

P1:自身命中率+30%(+36%)

P2:対象者命中率+25%(+30%)

日本Verと本国現行VerでP2の性能が違うのでアップデートに注意。

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:超精密照準器

クリ率Lv161、残り攻撃

 

ブラックワーム S9

影響するパッシブ無し。

リンク:HP+20%

装備:不問。テンプレ通りにHPや属性缶等。

HP防御。配分は2:1でも1:1でも。

 

慈悲深きリアン

影響するパッシブ無し。

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:射程減OS

命中Lv34、残りHP防御。配分は1:1でも2:1でも。射程減でアクティブ2の全体デバフ&偵察バフ要員。出番的に属性範囲攻撃に晒される場面が多そうなのでHP2:防御1の方が丸いか。

射程減少させればオートでも全体攻撃出来るのでリンクボーナスをコスト減少にして攻撃機の振り方して資源周回させる事も出来るらしいけど知らん。2体作れ。

 

本来はシラユリのパッシブやシラユリの支援を発動させたいキャラそれぞれに偵察道具を持たせる必要があるのだが、リアンのパッシブで不必要になり一気に装備の自由度が上がった。物理の通りづらい重装型が多数編成されているクエストはもとより、あの憎きフロストバイトがまさに氷のように溶けていく様子がとても心が温まる。

クノイチ・カエン軸

シェードの代わりに日本未実装のクノイチ・カエンをアタッカーに採用した型。日本版での性能が確定していないので本国版の性能で計算。初撃に限るが一撃10万の範囲攻撃で敵を屠る様は圧巻。カエン以外は上記シェード軸から流用する。

クノイチ・カエン

影響するパッシブ無し。

リンク:スキル威力+15%

装備:超精密照準器 or 望遠照準装置

受けるパッシブはシラユリの命中バフのみ。シラユリ無視の場合は()内。

クリ率Lv155、命中Lv2(22)、残り攻撃

望遠照準装置の場合はクリ率Lv145(命中Lv16)、残り攻撃

こちらもアクティブ1が射程2なので後列に置くだけでアクティブ2の横一列の範囲攻撃をしてくれるようになる。

 

機動型主体

 

重装型主体

エタニティ軸

本国版では強すぎたためにほぼ全既存キャラを強化させた例のアレ。基本的な運用は最後列で真下に中破キャラを置いてセルフブチギレしてもらい、アクティブ2の高火力+広範囲の暴力で敵を屠る。当然、中破運用が確立されているキャラと相性が良いが、エタニティ自体は1体しか保護出来ないのでその1枠で強大な役割を持つ中破キャラとのコンビか、エタニティ自体にはアタッカーとして動いてもらい、新たに保護機を採用してフルパーティかになる。

ステ振りはフルリンク前提かつ到底、量産出来るような排出率(2つ先のイベントでドロップ予定ではあるらしいが)ではないので単独でクリ100%+命中を確保する。フルリンクボーナスのバフデバフ効果Lv+2、好感度200の状態では自前で防御貫通95%を持つが、ダメージ最小化、バリア、ダメージ軽減、攻撃回数、炎ギミック、射程減少等が弱点になるので対策を他のキャラで補う方向になる。主に8-8クリア報酬のアイツとか。特に射程減少は編成や装備を弄ってもオートではどうにもならないので避けるのが吉。

装備が改良型分析回路*2/強襲型OS/改良型精密照準器の場合でステ振りは

エタニティ

影響するパッシブ無し

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:改良型分析回路*2、強襲型OS、改良型精密照準器

クリ率Lv58[命中Lv40(命中率350)]、残り攻撃

主に高難易度で採用され、なおかつ火力にもある程度の余裕があるので1段階上の命中率を目指す。上記装備命中無振りの時点で命中290あるのでそれで充分なら残りも攻撃へ。特に注釈が無ければこの装備+調整のエタニティを前提に話を進める。こいつが出せる火力=自分が出せる火力の最大効率のような物なので今回に限ってはクリ率装備も解禁する。

+タイラント

【配置】後列:エタニティ+タイラント(+α)

最小構成はエタニティ+タイラント。タイラントのステ振りは自前クリ率100のテンプレ通りで。なんか知らんがエタニティの指定保護は解除されない効果を持つのでタイラントの[自身へ付与された保護効果を解除]では解除されず、タイラント自身が自身標的を持つので噛み合い良く、攻撃範囲もエタニティの防御貫通の前列中列6マス攻撃と、タイラントの炎属性ダメージ前方横2マス+後列縦3マスで全域と炎属性ギミックが必要な敵の両方をカバー出来るため、とても相性がよろしい。最小構成でもエタニティ自身の耐久力+保護、タイラントそのものも中破してなお高い生存力があるため後手を取っても並のステージなら殴り通せるが、こいつらを担ぎ出すような難易度ではそうもいかないのでAP補給役が欲しい。

エタニティに保護させる中破運用ではなく下記編成の自由枠にアタッカーとしてでも。

+滅亡のメイ

f:id:lycoris_radiata:20211008042014j:plain

【配置】7:エタニティ、4:滅亡のメイ、5:LRL、6:ブラックワーム、1:ALレイス

本命。レモネードアルファ実装に付き本命ではなくなった。入手済みなら下の編成へ。

本国版の攻略で未実装キャラや装備を除いた編成で一番汎用度高そうなのは多分コレ。エタニティの下のメイは当然中破。メイの中破パッシブでエタニティにAPを供給し、ついでに射程減OSを付けたレイスでアクティブ2を撃たせる>共同攻撃でメイのアクティブ2を引き出す。特殊ギミックもメイのアクティブ2の固定ダメージで突破出来るので相性が大変よろしい。

エタニティ

影響するパッシブ無し

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:改良型分析回路*2/強襲型OS/改良型精密照準器

クリ率Lv58[命中Lv40(命中率350)]、残り攻撃

 

滅亡のメイ

P1:自身クリ率+14.5%(15.5%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:バリア、命中装備

ステ振り:他編成からサポート用メイを流用。とは言っても攻撃機振りにしてあるとは思うのでアタッカー用ステ振りをリンク解除機でバフ/デバフ効果Lv+2にするだけでも充分。サブアタッカーにもなるため装備で命中を補う。保護無視対策にバリア。

 

LRL

影響するパッシブ無くはないけど無し。

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2

装備:射程減OS、行動力装備

基本的に流用。足の遅いエタニティの行動力を補助しつつ相手のAPを下げてむりやり先手を取るいつものょぅι゛ょ。クリ率等のパッシブも今回は考慮外で編成内のステ振りに影響なし。高難易度目的なので、補助装備が竜殺し固定になってしまう+そこまでしてLRLで回避を稼いだ所で避けられない事が多くなる事からHP+防御(+命中)振りが無難になるか。

 

ブラックワーム

影響するパッシブ無し。

リンク:HP+20%

装備:不問。テンプレ通りに耐久チップや抵抗チップ、属性缶等。

HP防御。配分は2:1でも1:1でも。

すっぽり入る保護範囲と行動力増加を備えるので適 of 任。

 

ALレイス

P1:自身命中率+25%

P1:自身クリ率+25%

P2:対象命中率+30%(同組織1.5倍で+45%)

P2:対象クリ率+9.99%(同組織1.5倍で約+15%)

リンク:命中率+75%

装備:射程減OS、行動力装備

ステ振り:命中/HP/防御で後は好み。先手を取って当てなきゃ話にならないので命中に振って装備を行動力偏重が良いか。フルリンク+パッシブ+命中Lv64で命中率360になるので目安はココ。残りはHP防御。これで当たらんかったらそもそも上のエタニティの攻撃が当たらん。

どっちかっていうとエタニティだけよりもメイ補助も兼ねられるのが採用理由なのでここはいわゆるサポーター自由枠。8章解禁と同時に実装されたレモネードアルファやアタッカーとしてタイラントが入る構成も多かった。

++レモネードアルファ

【配置】7:エタニティ、4:滅亡のメイ、5:LRL、6:ブラックワーム、1:レモネードアルファ

本命エタニティ軸。重装型へかなりデカいAP追加に加えて固定ダメージ持ちでエタニティの弱点の大部分を一人で補える、世界三大バイオロイドの例のアレ。名前の後ろの型番の通り、実際は同型機は世界に複数体居るのだが、そのうちの色々あって協力してくれる一個体という事で量産はされておらず、ゲーム内ではリンクに代用コアが必要になる。イベント:妖精の村アリアに出てきたのはその内の別個体。

どちらかというとメイのサポートだったALレイスと違ってこちらのサポートはまずエタニティ有りきなので相性はこちらの方が良い。他の編成でも頻出する上に代用が効かないのでステ振りは単体で完結させるように。基本的には装備が行動力重視、ステ振りは固定ダメージで貫通したい相手に出す用なので攻撃/命中振り。エタニティ命中350に合わせるなら命中Lv137で残り攻撃。固定ダメージにクリティカルは反映されないらしいのでクリ率に振る必要はない。

+LRL(5-8exワンパン)

Wikiにもある通りほぼネタ編成のような気がするが、実用性はともかく3ヒヨコで高速周回が出来る。資材も高速消化される。相手の回避率がお察しで、それを前提にした装備、ステ振りになるので、他で使え無くもないだろうが専用構築気味。細かい数値、装備はWikiから飛んだ先で確認出来るのでそちらで。消えた時のために要約だけ残す。

エタニティ

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2、好感度200。

装備:強襲型OS、チョコ/高出力ジェネレータ、分析回路ベータ、改良型出力強化回路

LRLのパッシブ込みでクリ率100%+編成画面で攻撃力2913以上。LRLがノーリンクならクリ率Lv99、フルリンクならクリ率Lv91。

 

LRL

P2:対象者クリ率+15%(+18%)

P2:対象者命中率+25%(+30%)

リンク:バフ/デバフ効果Lv+2 or ノーリンク

中破。Sランクでさえあればノーリンクで良いようだ。

 

後は1ターン目にジェネレータが行動(バフ)>LRLが行動(バフ除去)>2ターン目開始>エタニティが行動になるように調整する。ひよこを入れる時はエタニティに行動力バフが乗りすぎないように注意、と言う事らしい。これだけの装備を用意出来るプレイヤーがココ周回する必要あるかは知らんけど…

番外、調査中

ゴルタリオン+ブラックリリス

本国版で話題になった編成。中列、後列にゴルタリオン復活用のAGSを配置して前列でゴルタリオンを無限復活させ、ブラックリリスの味方死亡時パッシブをエッサホイサして殴る。時間は掛かるがこれも7-8EXが突破可能なようだ。

【配置】6:ゴルタリオン、3:リリス、5:スパルタンアサルト、1or7:ブーマー&キャプテン