電脳遊戯のメモ帳.txt.exe

いろんなゲームの初心者向け解説、導入手順や備忘録。

【遊戯王マスターデュエル】サイバードラゴン

・最終更新2022/4/25

遊戯王マスターデュエルの自分用デッキ調整リストの墓場。

・3月期〜4月期に使ってた案を追加。

【遊戯王マスターデュエル】デッキリスト

その他デッキリストはこちら

前提

デッキが20個までしか持てない上にサイドデッキも無く、改造案をゲーム内に残しておく事が出来ないので完成系をメモがてら残す。

・デッキリスト

【サイバー・ドラゴン】

モンスター(25)

・PSYフレーム・ドライバー

・サイバー・ドラゴン・ヘルツ(3)

・サイバー・ドラゴン・ネクステア(3)

・増殖するG(3)

・サイバー・ドラゴン・コア(3)

・PSYフレームギア・γ(2)

・灰流うらら(2)

・サイバー・ドラゴン(3)

・銀河戦士(3)

・壊星壊獣ジズキエル(2)

魔法(14)

・ハーピィの羽根箒

・機械複製術(3)

・オーバーロード・フュージョン(2)

・エマージェンシー・サイバー(3)

・サイバー・リペア・プラント(2)

・ライトニング・ストーム(2)

・サイバーロード・フュージョン

罠(1)

・サイバネティック・オーバーフロー

EXデッキ(13)

・キメラテック・ランページ・ドラゴン(2)

・キメラテック・フォートレス・ドラゴン

・サイバー・エンド・ドラゴン

・キメラテック・メガフリート・ドラゴン

・サイバー・ドラゴン・ノヴァ(2)

・サイバー・ドラゴン・インフィニティ(2)

・天霆號アーゼウス

・転生炎獣アルミラージ

・サイバー・ドラゴン・ズィーガー

・捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

(・トロイメア・フェニックス)

(・セイクリッド・プレアデス)

採用理由

EXデッキは、bot対策のおかげでDDダイナマイトも減ってきたので15枚に戻しても良し。

後攻を選ぶ=後攻の機会9割なので後攻ではそこまで強く無い墓穴の指名者を抜いて、増殖するGとライトニングストームを増量、先攻やエルドリッチにも強く出られるようにエルタニン抜いてオーバーフローを入れた形。丸い。

旧案【サイバー・ドラゴン】

f:id:lycoris_radiata:20220214065553j:plain

モンスター(25)

・PSYフレーム・ドライバー

・サイバー・ドラゴン・ヘルツ(3)

・サイバー・ドラゴン・ネクステア(3)

・増殖するG(2)

・サイバー・ドラゴン・コア(3)

・PSYフレームギア・γ(2)

・灰流うらら(2)

・サイバー・ドラゴン(3)

・銀河戦士(3)

・サイバー・エルタニン

・壊星壊獣ジズキエル(2)

魔法(15)

・ハーピィの羽根箒

・機械複製術(3)

・オーバーロード・フュージョン(2)

・エマージェンシー・サイバー(3)

・サイバー・リペア・プラント(2)

・ライトニング・ストーム

・墓穴の指名者(2)

・サイバーロード・フュージョン

罠(0)

・無し

EXデッキ(15)

・キメラテック・ランページ・ドラゴン(2)

・キメラテック・フォートレス・ドラゴン

・キメラテック・メガフリート・ドラゴン

・サイバー・エタニティ・ドラゴン

・セイクリッド・プレアデス

・サイバー・ドラゴン・ノヴァ(2)

・サイバー・ドラゴン・インフィニティ(2)

・天霆號アーゼウス

・転生炎獣アルミラージ

・トロイメア・フェニックス

・サイバー・ドラゴン・ズィーガー

・捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

入れ替え候補

・IN:サイバー・ドラゴン・ズィーガー or セイクリッド・プレアデス

OUT:サイバー・エタニティ・ドラゴン

この3枚の比率は環境や好みに応じて調整。

 

・IN:サイバネティック・オーバーフロー

OUT:サイバー・エルタニン

耐性持ち対策で採用されてるエルタニンだが、エマージェンシーからは呼べないが、コアのプラントサーチから呼べる壊獣で十分な場合は多いので抜いて、ワンキル妨害された時や先攻取らされた時の保険用に投入。フローはコアからもサーチ出来るので安定化に役立つ。発動条件もエルタニンとオーバーフローで被っているのでどちらか1枚。除外されたカードもサイバーロード・フュージョンで戻せる。

 

・IN:増殖するG、灰流うらら
OUT:PSYフレーム系

除去するにもサーチするにも結構サイドラが絡むので、相手にターンを渡すと盤面が空になる状況は結構あれど、返って来てもこちらの初動を妨害される時にモンスターゾーンが空という事がなかなか無かった。相手ターンに妨害破壊から壁2枚もそこそこ強いんだけど、今の墓穴で良かったな、墓穴が良かったなって場面が多くて入れるほどでもないなってなった。僕はまだ作れて無いから入れざるを得ないんやけど。

 

回し方・調整案

初動札15枚(サイドラ、コア、ネクステア、銀河戦士、エマージェンシー)。初動存在率先攻92%後攻95%、2手目存在率35%。

勝ち筋の基本はズィーガーやインフィニティとアナコンダを立ててオーバーロード・フュージョンをデッキから使用、ランページ・ドラゴンによる2100*3+インフィニティで8400↑。ランページで攻撃反応罠は剥がせ、インフィニティでその他妨害も1回は防げるので突破力が高い。ソリティア手順もさほど多くないので操作難度も高くない。

後攻からの捲りワンキルが主体なので誘発は多めに。制圧も、壊獣にチェーンブロックを作らないサイドラ特殊召喚からのフォートレス、メガフリートドラゴンで相手に割り込む余地を与えずに突破出来る。先攻もプレアデスやインフィニティが容易に立つので防御力はある。

オーバーロードフュージョンはアナコンダで落とすために1枚はデッキに眠っていて欲しいので2枚(後攻時、1枚投入の場合はその1枚を初手で引いてしまう確率が15%、初手で2枚とも引いてしまう確率は2%未満)。除外ギミック、サイバーエルタニン後、保険用としてサイバーロードフュージョンを1枚。同様の理由でサイバーエルタニンも常時欲しい訳ではなく、呼ぼうと思えばエマージェンシーで呼べるので1枚。リペアは初動に直接は関われないので2枚。

 

記事作成日:2022/2/14