電脳遊戯のメモ帳.txt.exe

いろんなゲームの初心者向け解説、導入手順や備忘録。

【ディスガイアRPG】★3★2キャラ考察

最終更新:12/27 便利キャラがちらほら居るけど数が多いのとその都度公式Wikiを見に行くのも面倒なのでメモがてら。現在双竜族まで。編集中。

f:id:lycoris_radiata:20191127130050j:plain

ぼくのデRPGに九尾族居ないんですけお…

前置き

・ステータス等は載せない(自分で確認し切れない)ので公式Wikiと併読推奨。

・持ってないキャラの運用は公式Wikiを読み砕いた物になるので憶測が入る。

・考察は手動前提、魔ビリティ各種、Lvアップで覚える特技や個性重視。魔改造は3〜5想定。

・重複運用有り。魔物型は重ねるのが★4以上に難しいが、同種族なら可能な範囲と判断。

・数が多く煩雑になるので独断と偏見で便宜上、物理、魔法、特殊系(重複有)で分ける

物理系

★3

侍女

人型/女性

剣専用の汎用戦士。かなり速度も高い。

剣所持キャラへのバフも持つので剣パーティに混ぜ込むのが良いが、今作は別に剣が優遇されている感じはない。剣縛りの利点が剣の強みではなく、「ヴァルバトーゼが使える」「ラハールも使える」「なんならキリアも初期剣WM9」等に比重が置かれているため、趣味編成でないなら手持ちのヴァルバトーゼ等の枚数で強力かどうかが決まる。

通常攻撃が低SP技かそれ以上の威力が出ることや、単威力S技を持つことから対ボス用に。

 

重騎士女

人型/女性

★4並のHP/ATK/DEFを兼ね備えつつもSPD50と見た目よりも早いステータスが特徴。

魔ビリティもDEF上昇やダメージカットで埋め尽くされているが、ヘイト操作に関連するシステムがまだ存在しないため、有効活用できる場面はあまり多くない。

タワーの一番下にすれば強制的にターゲットを向けることが出来るため、引率で利用するか、剣槍斧の初期WMが高いので、本来の役目ではないが、ある程度自由に組み込めるアタッカーとして利用出来なくはないか。

 

魔界闘士

人型/男性

重騎士と同じく★4に匹敵する高いATK/DEFを持つ。タワーに関する魔ビリティを活かしやすくするためか、SPDは鈍重。

1凸目のタワー攻撃時ダメージ+100%が目を引くが、システム上使いづらいのは変わらない。

★3なので重ねるのはかなり厳しい(現在の排出率では★4よりも更に低い)が、5凸目、7凸目のサブ魔ビリティは汎用性も高く優秀なのでそこまで重ねられるなら斧/拳アタッカーとして使うのも悪くはないか。

 

闇黒騎士

人型/男性

重騎士と似通った高い物理ステータスにそこそこのSPDを兼ね備え、攻撃寄りにした性能。

初期技がヴァルバトーゼと同じく低SPの吸収攻撃なのでタイマンでの継戦能力は非常に高い。

魔ビリティもメインの剣バフ+12%、1凸目のATK+22%の自己バフに加え、5凸目の「ターン開始時、剣装備キャラのSP+10」が非常に強力。

単純にそのまま剣キャラのサポートとしても強力極まりないが、単独でもデフォルトのSP回復と合わせて毎ターンバイタルスティールが撃てるので、被ダメを回復量以下に抑えることが出来れば回復、行動妨害の無い敵には負けなくなる。

この魔ビリティだけで剣PTを組む意味があるので、運良く重ねられたらしっかり育てておきたい。

 

パイレーツ

人型/男性

ガンナーからガッツリATKを上げて、サポートを取り上げたような性能。見かけによらず素のSPDは60と、ガンナー(62)に匹敵するほど高い。

一応銃以外にも3つほど初期WMがLv8の武器があるが、メイン魔ビリティでPTに銃バフを撒けるので、素直に銃を装備させておきたい。

頼れる火力バフはこれくらいだが、サブ魔ビリティにドロップ率上昇とEXP上昇がある。この手のキャラによくある置物ではなく、火力に十分貢献出来る程度の攻撃性能は持ち合わせるので、周回時は可能なら編成に混ぜ込んでおきたい。

 

プリニガーV

魔物/男性

特徴はないが総合ステータスは★4に匹敵するほど高い。

7凸目のメンタル訓練で初期SP+18といろんなキャラが垂涎のサブ魔を得られるが、このキャラで使いたい技は特に無い。一応開幕に全体攻撃をぶっ放せるが、2発目にはSPが足りない。

 

ゼニスキー/魔界貴族

魔物/男性

ステータスも固有技も習得魔法も微妙に違うがまぁ分けるのもアレなんで纏めて。

見た目通りHPATKが高め。斧技をそのまま持ってきたかのような固有技で、癖なく使いやすい。魔法技は両者別物なので公式Wiki参照。初期で覚えられるのはゼニがウィンドで貴族がポイズン

サブ魔ビリティはHL獲得量上昇のゴールドフィンガーが共通。ゼニスキーが10%で他6%。その他も通常/コマンド技強化、相手のATK/INT弱体化と相互な感じで大差は無いが、メインだけゼニスキーが自己強化、貴族が毎ターンHP8%回復と違うので注意。おおよその場面でゼニスキーが有利に見える。

 

魔翔族

魔物/男性

状態異常の専門家。消費SPさえ考えなければ、こいつ一人で全ての状態異常技を習得出来る。

実際は、ストーリーノーマル以降のミッション埋めに、初期習得の攻撃と、魔法Lv4で覚えられるマヒーの2つを使用していく。低SPで威力も低いので1人でも1戦で何度かチャンスがある。

ど忘れ眠りはこのキャラでも習得出来るが、SP50だったり習得Lvが魔法Lv15だったりするので、★2盗賊に杖Lv4でスリープを覚えさせ、その後に拳Lv4でど忘れ攻撃を覚えさせるのが楽。

色によっては凸させればなんやかんやで相手のDEF&RESダウンと味方魔物キャラのコマンド技+10%もあるので利用が終わった後も使えないこともない。ただ育てて下手に火力上げてしまうより、ストーリーの追加に備えてそのまま温存しておいた方が良いとは思うが。

 

猫娘族

魔物/女性

汎用性ある魔物型物理編成へのバフを持ちつつ4色居るので、最低ラインはこいつ。

メイン魔のATK+11%にサブ魔の追い打ちまでは共通。5凸目は人型特攻の方が優秀、7凸目の自身へのATKバフはそれぞれ長所が違うが、現在の環境では奇襲攻撃の方が優秀。なので後々は人型特攻+奇襲攻撃の基本色が一番強く、次点は褐色と水色となるか。

全体攻撃が重いので、魔物物理編成にする場合はデスコやウサリアを基幹に、猫娘は1~2体の採用に抑えて空いた枠には全体攻撃が軽めのキャラを選出したい。

 

兇熊族

魔物/男性

見た目通りの圧倒的なHPと高めのATKを持つ魔界のキテルグマ。

ヴァルバトーゼほどの壊れ効率ではないがLv50に吸収攻撃があるのでなかなか強い。

重めだが全体攻撃も習得する。少しマナを割く必要はあるが魔法Lv4でスリープも習得出来る。

メイン、サブ魔1凸は共通で、3ターンのATK&DEF自己バフとパーティの魔物型の通常攻撃強化。魔物型は弓が使えない関係上、通常攻撃への依存が人型より多くなりがちなので悪くない。

5,7凸は人型特攻/魔物型耐性の2択と毎ターンSP+7の野生の力かATK+6%の怒りチャージの2択。

個人的にこの効果量なら人型特攻が微優勢、ATKとSPはSP優勢の考えなので、野生の力持ちの青熊>赤熊辺りの採用がベストかといった所。

 

竜王族

魔物型/男性

高いHPATKを持った特化種族。そのっぷりはアデル級。

固有技も全て属性なので耐性目当てで採用すると今度は攻撃が通りづらいジレンマがある。

メイン、サブ魔1凸目が共通で、パーティ全体の属性強化と耐性付与。どちらも条件と倍率が釣り合ってるとは言い難いので適当に採用出来る性能ではないが、上記のように自前の耐性と5凸目のファイアレジストで自身の耐性は90%にまでなるので特定状況で利用価値は大いにある。

メイン魔、サブ魔1凸目共にあまり主目的で使える魔ビリティではないのでどうしても採用目的が対耐性になり、ファイアレジスト持ちは基本色とピンクの竜王族になる。

7凸目はそれぞれ戦闘開始時自身のATK+22%と自身のコマンド技+35%なのでお好みで。

 

双竜族

魔物型/男性

HP以外パッとしないステータスだが、魔ビリティでATKINTはちゃんと高めにはなる。魔ビリティ1個潰されてると考えるとちょっと勿体無い気はするがまぁ装備分にも掛かる?と考えれば。

双竜なだけにINTが高めっちゃ高めで二刀竜!とでも言いたかったのかもしれないが、固有技は全てATK依存でサブ魔も軒並みATK強化なので特に魔法技を使う理由も無い。初期WMのまま、魔法Lv9のブレイブハートまで習得出来るのでそれは便利っちゃ便利。有効活用しよう。

固有技は全て全体攻撃で、SP25から撃てる物もあるので、雑魚狩りには重宝する。

魔ビはメインのツインヘッド、1凸目のオフェンスマスタリまでは共通。7凸目は王者の風格(常に与ダメ+30%)とダブルアタック(行動ゲージ+120)の2択で、現状は王者の風格の方が優秀。

5凸目は味方の特定防具装備者にATKバフという珍しいスキルで、対象はベルトと秘宝の2択になっている。ベルトは店でも売ってるので見れば分かるが、秘宝は卒業証書やセラフィーヌ写真集など、全ての能力が上がるこいつらも同カテゴリ。どちらが良いかは一長一短なのでこちらは好みで。

 

★2

戦士男

人型/男性

★2の中では高めのHPとそこそこの物理攻守、速度を持つ。

所持スキルは単体攻撃+自己バフだけなので雑魚戦よりボス戦向け。剣槍斧と得意武器が複数あるが、上記理由とサブ魔にパーティの斧+18%があるため斧推奨。倍率だけなら★4のヴァルバトーゼやキリアに匹敵する上に、斧は剣拳と比較して有利な場面も多々あり、人型低レア特有の重ねやすさもあってそこそこ有力。

残りの魔ビリティーも自身の火力を上げる物なので置物にはなりづらい。

 

戦士女

人型/女性

戦士男からDEFを下げてSPDが上げたユニット。得意武器も似通った所はあるがこちらは槍特化。

こちらも所持スキルは単体攻撃と自己バフのみで速度バフばかりなので雑魚よりもボス向け。ただし攻撃スキルは槍の汎用技に頼ることになるが、槍技はそこまでボス向けではない。手数で差を付けたい。

魔ビリティもほぼ戦士男の互換だがあちらは編成で自然に最大限発動出来るのに対し、こちらは男性特攻なので相手に依存する点が若干残念。編成を選ばないと言えば聞こえは良いが、槍武器+18%バフの時点で十分編成を選んでいる。

 

格闘家男

人型/男性

戦士男を拳専用にしたような性能。ただしこちらは武器バフが拳+10%。明確な上位互換バフ、ステータスのキャラが多数居るため、特別な理由が無い限りは採用しづらい。

所持技は自己バフとSP消費大/威力Sの2つ。魔改造のしやすさから来る利点を活かせてる間は採用余地はあるか。

 

格闘家女

人型/女性

格闘家男とほぼ同じ魔ビリティとATKを結構痛いレベルで下げた性能。拳バフはそのままだがオフェンスマスタリを失っているので火力は格闘家男から見劣りする。

同じく重ねやすさとダッジマスタリのSPD+9%をどれだけ活かせるか。

 

ガンナー男

人型/男性

非常に高いSPDが特徴。62は現時点で1位タイ。

先手を取ることが非常に容易で、サブ魔も定番の銃+10%バフと後続キャラへの火力バフも持つため、何かと組み立てやすい。重ねれば耐性が85%にもなるので、特定のコンテンツで重宝するかもしれない。

★3の魔翔族を未所持の場合、初期杖WMが4あり、Lv4でマヒーを覚えるのでそのまま拳に切り替え、SPDと合わせてストーリーノーマルのミッションでど忘れ+マヒ要員として。マヒだけならこいつかエリンギ。

 

アーチャー女

人型/女性

ガンナー男と非常に似通ったステータスでこちらもとても早く、弓特化。

弓の武器技は低SPで全体攻撃を撃て、さらにATK-10%まで付いてるので先手を打つ利点が多い。

格下狩りに絶大な強さを発揮するが、SP20で撃てるようになるまでは時間がかかるので、それまでは連携やSP補填が可能な編成に出来ると尚活かせる。

 

魔法系

★3

教授

人型/女性

非常に高い魔法ステータスと速度62を持ち合わせる最強の汎用魔法職。

何故かLv50に覚える固有技に消費SP30の燃費で威力D属性全体技を覚える。

同SP消費量の技は威力Dなら単体、全体なら威力F属性全体魔法技のギガスターは消費SP50/威力Eと、こいつの技だけ異常に燃費に対する威力が高く、調整ミスを疑いたくなる技。

さらに魔ビリティはメインが杖キャラバフに5凸目のサブ魔が自身の初期SP+18と、低燃費高威力技とこれでもかと相性が良い構成。もうこいつだけで良いんじゃないかな。

本領発揮は5凸だが闇すぎる上に無凸でも十分強い。

 

天使兵男

人型/男性

こいつ魔法型か?と言われるとかなり微妙だが、こいつがバランス型っぽいのと天使兵女がガッツリ魔法型で分けると見づらいのもあってこっちへ。

INT以外平均して高めのステータスに、剣、槍、杖のWMが高い。固有技が低消費のATK依存全体攻撃で便利なので、基本的に剣装備が無難。

魔ビリティは魔物型特攻っぽい物が2つあるが、条件の割に倍率が高いわけでもないので、これや5凸目の回復量増加を目当てに採用することはあまりないだろう。

3凸目に習得出来る固有技が「味方一人をランダムに復活」とかなり稀少な技を習得するのでこれが必要な状況が来た時のために育てておくのは悪くない。

 

天使兵女

人型/女性

こちらはがっつり魔法職…というか補助、回復メインで攻撃魔法も使えるって感じ。天使兵男と同じく魔物型に強く、こちらはパーティ全体の耐性を上げる方向。

3凸目の固有技か杖Lv15まで攻撃魔法が無いので、欲しい魔法技だけ覚えさせたら弓にでも乗り換える方が良いかもしれない。

 

★2

魔法使い男

人型/男性

星魔法使いは★3だが分けると以下略なのでこちらで。

最終ステータスに差異は見られず、属性耐性と魔ビリティが若干星魔法使いが優秀といった感じ。

固有技は単体魔法だけなので杖の全体攻撃を習得するまでは若干扱いづらいか。★3はかなりキツイが、しっかり重ねることが出来れば魔ビリティにINT上昇が多いので火力は高い。

魔法PTの属性埋めに。星使いだけなぜかLv30でギガスターを覚えずに補助を習得する。注意。

 

魔法使い女

人型/女性

魔法使い男から火力を下げて使いやすさを大きく上げた性能。こちらは対雑魚特化。

初期から低燃費全体技を習得しており、サブ魔ビリティでSPも増加するので雑魚処理に最適。

魔改造の固有技はよく分からんけども。星魔法使いなら属性耐性がべらぼうに高くなるので魔法耐久に回復と組み合わせられなくもない…のか?

魔法使いPT自体は大器晩成型なので手放しにはお勧めは出来ないが、このキャラ自体は★2の中でも役割や強みがはっきりしてるので序盤からでも普通に使っていける。

 

僧侶男

人型/男性

癒し系ショタ。

自己回復があるので僧侶女と比べると自身の生存率はこちらの方が若干高いか。あちらは1ターンで2人に回復を撒けたりするのでヒーラーとしての性能は向こうが上。

魔改造の固有技がこっちは物理強化系。これを有効活用出来る編成なら。

 

僧侶女

人型/女性

魔界病院の人。

 

回復量バフと、コマンド技とは別に回復が撒けるのでヒーラーとして採用するならこちら。

魔改造の固有技が魔法強化系。

 

特殊系

★3

忍者男

人型/男性

得意武器は剣、拳と杖、固有技はATK依存とINT依存と両方ある…一応所持技の構成的には杖が一番合ってるとは思うが…。INTも上がる剣か拳が発見されれば両刀も出来るのだが…。

 

ニジレンジャー

人型/男性

★3と★1の混合だが面倒なので。…あれ、こいつら全部男性…?

ニジレッドはラハールの下位互換のような性能に見えるがラハールの元のポテンシャルを考えると弱いと言い切るのは少し酷か。メイン魔ビリティは1%しか変わらない。

その他ニジレンジャーの特徴は公式Wikiで散々紹介されているので省くが、6-5-7でドロップするグンジョウと5-5-9でドロップするオレンジ、1-5-6でドロップするブルーには利用価値がある。

グンジョウが飛び抜けて強いのでPTに入れるのを許容出来るならこいつだけでも集めておこう。

 

★2

盗賊

人型/女性

宝箱ドロップ率と獲得HLを上昇させられる周回のお供。周回には可能な限り編成に組み込みたい。

現状、人型で唯一杖Lv4でスリープを覚えられ(杖のWMを1上げる必要はあるが)、そのまま拳のWMLv4に上げれば、1人でスリープド忘れの2種を「初期SPで」撃てるキャラになる。残りの麻痺は魔翔族が同じく初期SPで撃てるようになるので兼任してもらうか、麻痺はガンナー、はプレネールさんが杖Lv4で覚えるので担当してもらおう。

 

メイド

人型/女性

補助特化のキャラ。重ねまくれば初期SP+25とどえらいスタートダッシュが切れるが、固有技2つはどちらも補助で、どちらもSP+25されようがされまいが使える/使えないので銃のWMが育つまでは結局補助に徹するしか活用しづらい。

杖WMでヒールを覚えるので補助専門にしても覚えさせると便利かもしれない。なんなら杖Lv30にさえしてしまえば開幕メガスターぶっぱだって出来る。

 

番外編

獲得量上昇魔ビリティ持ち

セラフィーヌ:HL+10%

ゼニスキー:HL+10%

魔界貴族:HL+6%

パイレーツ:ドロップ率+5%、EXP+3%

盗賊:ドロップ率+3%、HL+4%

教授:EXP+3%